• TOP
  • 葬儀
  • 生前に葬儀について決めておくメリット

生前に葬儀について決めておくメリット

用意をしておく

生前葬儀高齢化社会となって、現在はたくさんの高齢者の方が日本で暮らしている。
終活が話題になることがあり、人生の終わりをどのように迎えるべきかを真剣に考えている人は多い。
遺言を作成しておいたり、自分の死後のことについて生前のうちからきちんと決めておく人は増えている。

終活の中には自分の葬式をどのようにするのか決めておくということも含まれる。
何も決めておかないと遺族が困ってしまう可能性もあるため、自分が生きているうちに葬儀について決める人は多い。
これにはさまざまなメリットがあるため、ぜひともおすすめしたい。

たとえば、自分が生きているときに葬儀社に生前予約をすることが現在は可能だ。
これは葬儀内容をあらかじめ決めておき、それを葬儀社に予約しておくことだ。
葬儀方法には一般葬や家族葬、一日葬、直葬といったものがある。

また、供養方法についても決めておく方があとで遺族が困ってしまうことを防げる。
お墓を新しく作ってもらうのか、それとも永代供養塔に納めてもらうのか、あるいは散骨するという方法もある。
生前予約をすることによって、自分が納得できる葬儀をしてもらえるというメリットがある。

自分自身で担当者と話をして自分の希望を伝えておくことによって、それを実現してもらえるのだ。
また、生前予約によってあらかじめ葬式にかかる費用が分かるというメリットもある。

トラブルを防ぐ

本人が生前に葬儀についてきちんと決めておかないとトラブルが生じるケースがある。
たとえば遺族が直葬や家族葬などにしようと思っても、周囲からの反発があるかもしれない。
直葬をしたあとに文句をいわれてしまうようなケースもあるため注意しなければいけない。

故人の希望として家族葬や直葬にしたのであれば、あとから文句を言われる心配はないだろう。
故人が望んでいたことを最優先させたと伝えることによって、それに言いがかりをつける人はいないからだ。
葬儀というのは100万円以上のお金がかかってしまうもののため、これはかなりの出費となる。

生前に本人が葬儀の仕方を決めておき、そのための費用も用意しておけば、遺族の負担はかなり減るだろう。
ただし、生前予約をする場合には費用は基本的に後払いにしておく方が良いだろう。
前払いをしてしまい、その業者が倒産してしまうことがあれば、最悪の場合は支払ったお金がすべて無駄になってしまうケースもある。
また、親族による宗教の違いなどで揉めるケースも多いため、自分の意思が尊重されるように自分で希望を出すことはいいことである。

生前に葬儀の仕方を決めておくことで自分を振り返るといったこともある。
死を意識することで今日を大切に生きようと思えるのだ。

葬儀について決めておくということは、自分の死というものに向き合うことであり、これは本人にとって大きなメリットとなるだろう。
葬儀について考えることによって、自分が将来的に死んでしまうことを意識して、死に対する備えができるからだ。