• TOP
  • 葬儀
  • 知ってるようで間違ってるお香典のマナー

知ってるようで間違ってるお香典のマナー

のし袋に包んで渡す

袋葬式に参列すると香典を用意してそれを遺族に渡すことになる。
香典というのは死者の霊前に供えるためのものであり、のし袋で現金を包んで渡すのが一般的だ。
通夜かあるいは葬儀の際には、香典を持参してかけつけることになる。

香典には当然マナーがあるためそれを守る必要があるのだが、宗教によって違いがあるため気をつけよう。
たとえば不祝儀袋の表書きをどのように書くのかは宗教によって異なっているのだ。
どうしても通夜や葬儀に参加できないときには、香典を現金書留で送ることになる。

その際にはお悔やみの言葉を書いた手紙を添えることがマナーとなるため気をつけよう。
香典袋の書き方は故人の宗教に合わせることになるため、事前に確認しておこう。
訃報の連絡を受けたときに相手の宗教を確認すれば良いのだが、宗教が分からないこともある。

その場合は表書きに御霊前と書いておけば、どのようなケースでも使えるため覚えておこう。
キリスト教式の場合は蓮の花の絵がついている袋を使うことはできない。
これは神式の場合でも同様のため、香典袋を用意するときには気をつけておこう。

香典の注意点

香典袋の中には中袋を入れておくのだが、これにはきちんと金額を書いておこう。
そうすることによって、会計係が金額をスムーズに記帳できるようになる。
基本的に漢字で金額を記入するのだが、一や二は不正に修正されるおそれがあるため、難しい漢字を用いる。

ただし、現在は普通の漢数字で書くことも多くなっているため、あまり気にしなくても良い。
注意するべき点として、香典として包むお金には新札を用いてはいけない。
新札というのは事前に用意していたように思われるため、古いお札を使うべきだ。

どうしても新札を用いたいならば、折り目をつけておくことによって使えるようになる。
ただし、しわしわになっていたり、汚れているようなお札を使うのもマナー違反だ。
袋の中に入れるお札の向きについてはいろいろな意見があるため気をつけよう。

基本的には2枚以上入れる際には同じ向きになるようにすることを守っておこう。
香典に関してはどのくらいの金額を包めばいいのかが一番の悩みどころとなるだろう。
たとえば勤務先の上司が亡くなった場合には5千円から1万円の香典を渡すことになる。

基本的に自分の年齢が上がるほど香典の相場も上がっていくため気をつけよう。
自分と親しい間柄の人間ほど香典の額が上がっていくことになる。
普段からのお付き合いの程度も考慮して、どのくらいの額を渡すのかを考えよう。
また、相場はあくまで相場であり、本当にお世話になった人に対して多額の香典を用意することは失礼にはならないだろう。