• TOP
  • 葬儀
  • 最近増えている「直葬」とは

最近増えている「直葬」とは

宗教的な行為がない

直送最近流行っている新しい葬式のスタイルとして直葬というものが注目されている。
これは葬儀は行わないで火葬だけをする点が特徴的であり、宗教的な行為は一切省かれているのだ。
直葬の割合はだんだん増えており、首都圏では2割から3割程度が直葬となっている。

地方においても1割は直葬であるとされており、これからも徐々に増えていくことは確実だ。
元来、直葬されるのは生活に困窮している人やあるいは天涯孤独者が多かった。
だが、最近では葬式をする余裕のある人であっても、直葬を選択するケースが増えている。

直葬が流行るようになったことについてはいくつか理由を考えることができる。
まず、葬式の必要性に疑問を感じる人が増えており、そもそも直葬で十分だと考える人がたくさんいる。
今、きちんとした葬式をしている人はたくさんいるが、その人達の中の大部分は昔からの慣習だから仕方なくやっていたり、世間体を気にして行っている人が大半であろう。

近年は少子高齢化が進んでいるため、次々と高齢の家族が亡くなるというケースが増えており、特に超高齢者の場合は死を悲しむということはなく、葬式の意義も失われつつあるのだ。
また、格差社会が進んでいるため、貧乏な人が増えており、葬式をする余裕のない家庭は増えている。
葬儀費用は200万円近くかかってしまうケースがあるため、この負担はかなり大きいのだ。
直葬についてはこちらのページでも解説されているため、参考に使用。
>>広がる「直葬」とは

直葬について考える

直葬について考えるということは、葬式そのものについて考えることと等しい。
最近は無心身の人が増えており、宗教離れが進んできているため、葬式の必要性を疑問視する声はかなり大きい。
通夜や葬儀という儀礼に対して意味を見出すことができないと考える人はたくさんいて、これらを無駄とみなす人は珍しくない。

葬式が手軽に安く行えるのならばともかく、かなりの時間と費用をかけることになるため、必要性がないならばやりたくないという人は多いのだ。
そもそも、死んだ人のために葬式をするということが無意味だと思う人も多い。
また、故人が生前から葬式なんてしなくても良いと訴えているケースは珍しくない。

自分が死んだことによって、葬式を遺族にさせて経済的な負担をかけるのは嫌だと考える人は多いのだ。
メディアでも直葬については話題となることが多く、どんどん認知されている。
これからは直葬を選ぶ人がどんどん増えていき、これが普通のことになるかもしれない。

直葬については葬儀社の方ではデメリットを主張しているケースが多いのだが、これは自分の商売に影響するための擁護であるため、話半分に聞いておくべきだろう。
最終的には自分達でよく考えて直葬をするかどうかをじっくりと検討するべきだ。