• TOP
  • 宗教
  • 創価学会の葬儀(友人葬)

創価学会の葬儀(友人葬)

僧侶を呼ばない新しいお葬式 友人葬

創価学会が提唱している葬儀として、友人葬があります。
友人僧では、僧侶などの宗教者を呼ばず、友人代表が式を執り行い、葬儀を行っていくタイプのお葬式という、非常に珍しいタイプのお葬式と言えるでしょう。

友人代表は、故人と生前親しかった方、故人の友人が行うもので、友人代表によって、式の流れが進められるのが最大の特徴です。
友人代表は故人が生前指名する場合もありますが、御遺族に依頼される場合や、立候補の場合もあるでしょう。

家族葬ではそもそも、葬儀で僧侶が引導文を読まないと成仏できないという考えに疑問を持った、創価学会によって作られました。
仏教の本義と照らし合わせ、釈迦や仏陀の考えを見直した結果、たどり着いた形が、家族葬と言えるでしょう。

コストを抑えて、親しい人のみで行う事ができる家族葬

家族葬は、宗教者を呼ばない関係上、お布施なども必要ありませんので、葬儀そのものの金額を抑えることも可能です。
お香典も参列者から貰う事は基本的にありませんので、気軽に葬儀に参列することが出来る点も特徴と言われています。
もちろん、友人代表にはその分別途お礼をするべきですが、断られてしまう可能性が高い為、色々な形を考えて、後日改めてお礼をするべきでしょう。

また、御遺族や友人知人など、親しい人だけで執り行うことが出来る分、故人との最後の別れを、ゆったりと過ごすことが出来るでしょう。
参列者全員で故人を送る、故人との最後の別れの時間を過ごすということを、家族葬では大きな目的としている点が特徴です。

他宗派と同じでお焼香もありますが、お焼香の回数などは人によって変ることが多いでしょう。
1回押し頂く人も居れば、3回そのまま香炉にくべる方も居ますので、その都度、場の空気を読んでお焼香に臨んでみて下さい。

宗教者で無くても行えるタイプのお葬式です

友人葬は、故人が創価学会員では無くても行う事が出来る葬儀として知られています。
宗教者では無くても取り組むことが出来ますので、近年、無宗教者から選ばれることも多いタイプの式と言えるでしょう。

ただし、キチンとした友人代表がいないと、式自体が成立しなくなる可能性がありますので、注意が必要です。
友人代表の選抜は、基本的には喪主によって行われますが、友人葬に詳しい、経験がある方などが居れば、お声がけするようにしてみて下さい。

友人葬では、基本的に、全員で故人を送るという考え方になりますので、参列者一同でお題目を読むことも少なくありません。
事前に勉強をしておかないと、その時になった際に困惑してしまう可能性があるため、何妙法蓮華経の題目を忘れないように覚えておきましょう。