神式の葬儀

故人の霊が守護神に

神式神式による葬儀は馴染みのない方が意外と多いかもしれないため、こちらで紹介しよう。
まず、神道の形式による葬儀は神葬祭といわれ、神社の神職によって執り行われる。
仏教の場合は極楽浄土へ送るための儀礼だったのが、神式の場合は故人の霊はそのまま家に留まり、守護神となってもらうのだ。

線香や焼香などはあくまでも仏式で用いるものであり、神式の場合には玉串奉奠を使う。
これは榊の枝に紙片が下げられたものであり、これに神の霊が宿るとされている。
これは参拝者が祭壇に捧げることによって、故人の冥福を祈ることになるのだ。

基本的に玉串奉奠はほとんどの場合に立礼で行われることになる。
神式による通夜や葬儀の際には玉串奉奠を参拝者全員で行うことになるため、やり方を事前に確認しておこう。
玉串奉奠のやり方は神官から玉串を受け取って、それを根元が祭壇の方に向くようにして玉串案の上にそれを置く。

そして柏手をするのだが、このときには音を立てないことが決まりとなっている。
神式の葬儀においては手水の儀という儀式を行うことになるのだが、これは身を清めるために水を手桶でくんで手と口を洗うものだ。
以上のような基本的な葬儀の作法をちゃんと把握してから葬儀に参加しよう。

神式の注意点

神式の葬儀において二礼二拍手一礼はとても基本的な作法となるため覚えておこう。
これは二回礼をして、二回手を合わせて、最後に深く一回だけ礼をするのだ。
また、しのび手といって、かならず拍手の際には音を立てないようにすることも大事だ。

家族がなくなったときには神棚の扉は閉めて、そこに白紙を張って神棚を封じなければいけない。
これは故人のお祀りに専念するためであり、その間はお供えをしたり、拝礼をするのはしばらく遠慮することになる。
神道においては五十日祭によって忌明けとなり、翌日には清祓いを行って、神棚の白紙をはがして、神棚へのお祀りを再会する。

つまり、五十日祭を終えてからやっと普通の生活に戻ることができるのだ。
神葬祭では仏教の香典のようなものを持参するのだが、それには御霊前、あるいは御玉串料と書いておこう。
蓮の絵がついているものはあくまでも仏式用のため、それを神式で用いてはいけない。

神葬祭は日本固有の葬法であり、仏教が伝来する以前からあったことが分かっている。
今では仏教の形式による葬式が一般的となっているが、神式の葬儀を行っているところもたくさんある。
神道においては祖先を崇拝することが重視されており、家族が亡くなったとしても、その人は守り神となって自分達を守ってくれると考えるのだ。
人と神が連続したものとして扱われているのが神道の特徴となっている。