• TOP
  • 宗教
  • 無宗教の葬儀ってこんなの

無宗教の葬儀ってこんなの

自由葬と呼ばれることも

無宗教伝統的に葬儀は何らかの宗教的な儀礼として行われてきたのだが、最近は無宗教葬という新しいスタイルが登場した。
これは特定の宗教や宗旨などにはよらず、自由な形式によって葬式を行うものだ。
故人とのお別れのために行う儀式であり、自由葬とよばれることもある。

葬儀社は最近無宗教葬のサービスを提供するようになっており、徐々に一般的なものになりつつある。
決まった形があるわけではなく、礼服を絶対に着なければいけないというわけでもない。
遺族や近親者、友人などがそれぞれの希望を反映させて、故人のための式をプロデュースしていくのだ。

オーダーメイドによる式であり、自分達の好きなように演出してくことができる。
このような無宗教葬として多いのは音楽葬であり、これは故人の好きな音楽を演奏してもらいならば葬式を行うというものだ。
音楽葬の中で僧侶に読経をしてもらい、散華していくという形式もあるのだが、この場合は無宗教葬とはいえないだろう。

まだまだ無宗教葬はマイナーなものであり、全体の1%程度となっている。
したがって、話題性だけが広がっていて、正確に認識していない人も多いのが現状だ。
無宗教葬が生じた背景には、これまでの仏教による寿司気に不信感を抱いてきた人が増えていったからだ。
意味の分からない、信じてもいない仏教の読経を聞きながら葬儀をするということに異を唱える人が増えた結果として無宗教葬は誕生した。

無宗教葬の注意点

もし菩提寺に墓を持っているならば、無宗教葬は避けた方が良いだろう。
無宗教葬をしたあとに菩提寺の墓に入れようとしても断られる可能性がある。
それは失礼なことであり、場合にはよってはその菩提寺の宗旨宗派によってもう一度葬儀をしなければいけないケースもあるのだ。

無宗教葬があまり広まっていない理由として、未だに菩提寺のある人はたくさんいるという理由もある。
また、遺族や親族の中には無宗教葬に対して敬遠する人がいるかもしれない。
中には怒り出す人が出てくる可能性もあるため、事前にきちんと理解してもらわないといけない。

無宗教葬では故人のために行うということを優先させる必要がある。
自分達が楽しみたいという理由で無宗教葬をやるのは失礼なことだろう。
葬儀社に依頼するときには、これまでに無宗教葬をしたことのある実績のあるところに依頼しよう。

きちんとした企画力があり、こちらの希望を聞いてそれを実現させてくれる力のあるところを探そう。
また、葬儀のあとには追悼会のようなものを計画しておいた方が良いだろう。
そうしないと、葬儀だけで終わってしまうため、寂しさを感じる人が出てくるかもしれない。