浄土宗の葬儀

浄土宗の葬儀は、受戒と引導を目的とする葬儀を行う

浄土宗で行われる葬儀の考え方として、故人の死後、仏の弟子として、正式に招き入れられる準備を行う、受戒の儀式と、仏の世界に導き入れる、引導の儀式を行う物とされています。
基本的には浄土宗を信仰されている故人を対象に行われる物とされており、葬儀の方法も、故人のステータスに合わせて分けられることが特徴です。

故人が生前、行と徳を積んで、深い境地に達した、尊宿となっている場合と、修行中に亡くなり尊宿までは至っていない、亡僧の場合の、二種類に葬儀方法がわけられます。
地域によってもこれらの葬儀内容は少しずつ異なりますので、地域に合わせたともらいの仕方が行われるでしょう。

浄土宗は臨終に重きが置かれるタイプの式

浄土宗では、臨終の部分に重きが置かれ、故人に対して、極楽浄土を往生して貰いたいという願いを込めて、法要が行われます。
法要が行われる際には、四弘誓願が述べられ、報恩の心で仏をお送りするという気持ちを述べた後、授戒と引導の葬儀が執り行われるのです。

葬儀の際には通常のお葬式とそこまで異なることも無く、聖職者によって、様々な儀が執り行われていきます。
会葬者の最も大きな役割は、焼香ですので、お焼香の際にはマナーを守って参加をしましょう。
お焼香の回数は通常は三回で、三宝に起因していると言われています。

三度額に押し頂くと言う場合もあれば、最初の一度だけ押し頂いて残り二回はつまんだらそのまま香炉にくべる場合もありますので、その都度周囲に合わせると良いでしょう。
回数自体は、基本的に三回になりますので、周囲の方の様子を見て、合わせて行うようにして下さい。

他の葬儀に比べて長い傾向があります

浄土宗では、葬儀をやる意味合いもあり、葬儀そのもので行う事が非常に多く、他の宗派に比べると長い時間がかかるケースも少なくありません。
こちらは参列者や、地域の風習によっても異なりますので一概には言えませんが、有る程度時間に余裕を持って向かった方が良いでしょう。
お焼香の回数などによっても時間が大きく変りますので、その都度、僧侶の指示に従ってお焼香を行うようにして下さい。

浄土宗では、葬儀の目的は、故人の旅立ち、故人の極楽浄土への引導を行う事にあります。
死を迎えたことで始めて、仏の弟子として迎えられることもあり、そこまでネガティブに捉えられてはいません。
もちろん、お悔やみを申し上げるスタイルは変りませんが、宗教者の方の場合は特に、あまり気を落とされている方も少ない傾向がありますので、驚かないようにしましょう。
こちらももちろん各ご家庭によって違いますので、一概には言えません。