浄土真宗の葬儀

死者への供養では無い 浄土新種運葬儀

浄土真宗の葬儀の考え方としては、葬儀は故人の為に行われるのでは無く、阿弥陀仏に行われる物とされています。
どういうことかというと、故人は無くなった段階で、門徒であれば、阿弥陀仏によって極楽浄土に導かれていますので、授戒や引導をする必要が無いとの考えがあるのです。
その為、葬儀はあくまで、阿弥陀仏に対して、極楽浄土へ迎え入れて下さったお礼、を伝える目的として、行われると考えられています。

往生即身仏と言う考え方をされているのが、浄土真宗が他の葬儀とは異なる点と言えるでしょう。
その為、冥福を祈る、お祈りなどの言葉を使わず、死に装束や清め塩なども使われないので、違いに注意が必要です。
ただし、浄土真宗と一口にいっても、全部で10派もありますので、派閥によって少しずつ考え方が異なります。
宗派によってそれぞれ異なる部分もありますので、色々と注意をしないといけないでしょう。

お焼香のやり方が少し特殊?

浄土真宗では、他宗派と比べると、少しお焼香のやり方が特殊なことで知られています。
主に、このような流れでお焼香が行われるでしょう。

まず、左手に念珠を持ち、焼香卓の前で本尊に一礼をします。
一礼をした後、右手でお香を1つかみして、香炉にくべて下さい。
派閥によって香炉にくべる回数が異なりますが、1回か2回のどちらかが多い為、周囲の方を見て、回数を合わせるようにしましょう。

焼香を終えたら念珠を両手にして合唱し、念仏を唱えながら本尊を礼拝し、本尊に一礼したら、自分の席に戻っていきます。
焼香の際には押し頂くことはせずに、そのまま香炉にくべるようにして下さい。

回数は宗派によってもそうですが、その時の参列者の人数や、僧侶の考え方などによっても異なりますので、指示があった場合はそれに従いましょう。

火葬後の拾骨、還骨勤行などもあります

浄土真宗では、火葬後の拾骨や、遺骨が自宅に帰ってからの還骨勤行等もある点が特徴で、すので御遺族は、葬儀が終わってからも色々とやることがある事を忘れてはいけません。
基本的には故人が浄土真宗の方の場合開かれることが多いタイプの葬儀ですが、依頼する僧侶などが浄土真宗の場合は、それに限りません。
依頼する宗派や場所によっても色々な部分が異なりますので、事前によく確認をしておく必要があるでしょう。

また、お焼香の回数や、念珠の必要性なども、宗派によっても考え方が色々と異なりますので、一概には言い切れません。
不安があれば事前に葬儀社などに訪ねておき、宗派に合わせた参列をする事ができるようにしましょう。
御遺族の場合は特に、事前に宗派を確認をしておかないと、失礼に値する可能性があります。