キリスト教の葬儀

神に祈ることが大切

キリスト教日本人の大部分は今でも葬儀の際には仏教式で行っているため、キリスト教の葬儀についてはほとんどの人に馴染みがないだろう。
キリスト教においては葬式はそれほど重視されておらず、それよりも死の迎え方の方が重視される。
臨終の際には意識のあるうちに司祭や牧師に立ち会ってもらい、神に祈ることが大切だとされているのだ。

海外の映画やドラマなどでこのようなシーンを見たことのある人は多いだろう。
キリスト教における死というのは、天に召されて復活の日まで天国で暮らしていけることなのだ。
そして、天に行くためには聖職者の導きが必要となるため、死の迎え方が重視されている。

キリスト教における葬儀の対象は信者とその家族であり、亡くなった人が出ると自分が属している教会に連絡をして、神父か牧師に来てもらうことになる。
葬儀は教会単位で実施されて、他の信者の人に手伝ってもらいながら死者を見送る。
本来、キリスト教の葬儀では通夜というものはないのだが、日本の場合は独自に行われることがある。

教会や宗派によって同じキリスト教であっても葬式の流れは異なり、式の際には聖歌や賛美歌が斉唱されて、聖職者による聖書の朗読を聞いたり、献花や祈祷といった儀式がある。
大きく分けるとカトリックとプロテスタントでそれぞれ葬式の内容は違う。
詳しいことについてはこちらのサイトが分かりやすく解説しているため、参考にしよう。
>>キリスト教の葬儀 葬儀支援ネットのキリスト教式葬儀ガイド

キリスト教の葬儀の注意点

キリスト教の葬儀にこれから参加するかもしれない方のために注意点を紹介する。
カトリックの場合は故人の所属する教会で行われることが多く、葬儀と告別式は別々となっている。
プロテスタントの場合は葬儀と告別式を同時に行う。

キリスト教においては香典の慣習はないが、その代わりに御花料を包むことになる。
故人とどのような関係性であったのか、また本人の年齢によって包む金額の相場は変わる。
たとえば、自分の両親の場合は5万円から10万円、会社関係者の場合は5千円から1万円といった具合だ。

白無地の封筒か十字架やユリの花が描かれている熨斗袋を用意して、そこにお金を入れる。
また、仏教の焼香のようなものとして献花を行うのだが、これには作法がある。
詳しいマナーについてはその場で質問すれば教えてくれるだろう。

基本的に服装については仏教式の場合と同じようなもので構わない。
聖歌や賛美歌については参加を強制されるわけではないのだが、余裕があるならば参加するべきだ。
キリスト教においてはお悔やみの言葉を掛ける必要はないため注意しておこう。