仏教式の葬儀

事前に調べておこう

仏教日本で執り行われる葬儀の90パーセントは仏式と言われている。
実際に仏式の葬儀に参加したことのある人は多いだろう。
仏式による葬儀は臨終の直後からスタートして、遺族や関係者がするべきことは決められている。
通夜や葬儀、告別式などを行い、最後には火葬へと続いていくという流れは決まったものとなっている。

ただし、仏式といっても宗派によっては内容が異なる場合もあるため注意しておこう。
たとえば、読経される内容がそもそもまったく違うということもあるのだ。
基本的には故人の宗教や宗派にしたがうことになるため、たとえ家族であってもきちんと調べておくべきだ。

故人がどのような宗派に属しているのか、檀家となっているお寺の宗派は何なのかを知らないケースは珍しくない。
そして、その宗派において葬儀は果たしてどのような意義のあることなのか、どんな儀礼や作法があるのかも調べておこう。
そうすることによって、実際に葬儀に参加した際に、今行われていることにどんな意味合いがあるのかが理解できるようになる。
もし檀那寺とは違う宗派の葬儀をしてしまうと、あとでお墓に入れる際にやり直すことになってしまう場合もある。

仏式葬儀のマナー

まず、仏式の葬儀においては通夜というものがあり、これは本来は夜通しされるものだった。
だが、今では午後の6時から7時に始まって、1時間から2時間程度で終わることが多い。
通夜では僧侶の読経があり、遺族や親族が焼香をして、一般の方が焼香をして終わる。

翌日には葬儀と告別式が行われて、最後に出棺されて火葬されることになる。
告別式というのは亡くなった人に対して最後にお別れを告げるための儀式であり、今では葬儀のあとに続けて行われることが多い。
告別式が終わったあとには喪主による挨拶があり、そのあとに出棺されることになる。

参加している方はできるだけ出棺のときまで立ち会って見送るのが礼儀となっている。
その際にはコートを脱いで、合掌をしながら静かに見送ってあげるべきだろう。
葬儀に参列するならば数珠を持って行くべきなのだが、なかったとしても失礼にはならない。

基本的には自分の宗派のものを使っても構わないのだが、大切に扱うべきだ。
仏式の葬儀において重要な行為は焼香であり、これは参列者の心身を清めて、そして故人の冥福を祈るために行う。
細かいマナーについては参列する際に関係者の方に質問をしておくと良いだろう。

葬儀に参加している方の中にはマナーにうるさい人もいるため、きちんとしておくことが重要なのだ。
読経がかなり長く続くこともあるのだが、静かにじっとそれを聞いているのがマナーとなっている。
私語をしたり、笑ったりしては絶対にいけないため、その場の雰囲気を壊さないようにする。