• TOP
  • 納骨
  • 近年は自然志向の埋葬が人気

近年は自然志向の埋葬が人気

終活ブーム

自然葬最近の日本はある種の終活ブームのようなものが生じているといっても過言ではない。
高齢者の数が増大しており、自分の死に向き合う必要のある人が増えているのだ。
終活のために自分がどのような埋葬のされ方をするのか真剣に考えようとしている人は多い。

これまでは一般的な墓のスタイルを多くの人が当たり前のように継承してきた。
しかし、最近は価値観が多様化してきており、これまでなかったものでも受け入れるような社会に変化してきた。
今、人気のある埋葬法として注目されているのは自然志向とでもいうべきものだ。

従来の墓は家制度が崩壊している現代において維持することが困難になっている。
少子化となっていて、一人っ子が増えているため、先祖代々の墓を自分一人で責任を持たなければいけないケースも多いだろう。
そのため、わざわざ家族単位の墓を立てることについて、あまり魅力を感じない人が増えている。

むしろ、跡継ぎを必要としない埋葬方法が注目されており、それが自然志向なのだ。
たとえば樹木葬墓地というのが流行っており、これは遺族に迷惑をかけず、自然に返ることができる点が人気の理由となっている。
樹木が墓石代わりの墓標となっており、自然葬という呼び方がされることもある。
樹木の下に遺骨を埋めてしまうケースもあれば、袋や骨壷に入れてから納めるケースもある。

自然葬について

樹木葬墓地は日本では岩手県で1999年に行われたのが最初であり、それ以来多くの人が実行している。
墓石を買う必要がないため、従来と比較すると圧倒的に費用を削減できる。
個別に埋葬する方法の他に共同で埋葬してもらったり、埋葬した場所の周辺に樹木を植える方法もあります。

継承者がいなかったとしても購入できるのがポイントであり、たとえば10万円から40万円程度で売られている。
他にも人気のある自然葬として注目されているのは海洋散骨であり、これは海に散骨をするという方法だ。
船をチャーターして直接遺族が散骨をしたり、合同で複数の家族が散骨をしたり、あるいは業者に委託するという方法もある。

多くの方は業者に委託する方法を選択しており、こちらが圧倒的に多くなっている。
法務省からは節度があれば海洋散骨は罪にはならないという見解を出しており、一般的となった。
遺骨は一部を手元に残しており、それは手元供養するという方法が推奨されている。

たとえば、数万円程度の費用で海洋散骨を頼むことができるため、かなり安上がりだ。
生命の誕生した場所であり、人間にとっての故郷のような場所でもある海に散骨するというのはとてもロマンチックな方法なのだ。
船の上でセレモニーを開くこともできて、人気が高い。