• TOP
  • 納骨
  • お墓も引越しできるって知ってた?

お墓も引越しできるって知ってた?

移転させる際のポイント

引っ越しさまざまな理由によって墓を移転や移動させなければいけないことがある。
墓の引越しとは専門的な用語でいうと改葬のことであり、遺体や遺骨を別のところへ葬り直すことである。
時にはスムーズに進まないこともあり、トラブルに発展することもあるため気をつけよう。

寺や霊園などにとっては墓を改葬されるというのは望ましくないことなのである。
特に寺院にとっては檀家の数が減ってしまうということは死活問題となってしまう。
そのため、きちんと改葬をしたいことを伝えておくことが重要となるだろう。

改葬を拒否する権利は寺院側にはないのだが、だからといって高飛車な態度をとってしまうと事態がこじれてしまう。
たとえば、改葬をするということは檀家をやめることになるため、その際に離檀料を請求されるケースが増えている。
高額な離檀料の請求をされてしまうと、とてもじゃないが払いきれないという人は多いのだ。

基本的に高額な離檀料については、それを支払う義務はまったくない。
ただし、これまでに先祖代々世話になってきたならば多少の離檀料を払うことは常識的に考えておかしくないだろう。
20万円程度の離檀料であれば、喧嘩別れしないためにも払っておくと良いだろう。
また、いきなり改装したいと伝えるのではなくて、最初は相談という形にするべきだろう。

改葬の注意点

寺院墓地とは異なり、公営墓地や民間墓地の場合は改装したいことを伝えれば事務的に手続きが進められる。
改葬する場合には、そのお墓を閉めてしまうことになるケースもあり、その場合は更地にして返す必要がある。
業者を利用することによって、お金を支払って更地にするための作業をしてもらう。

改葬許可書を作成する必要があり、他にも書類が必要となるケースがあるため、事前に確認しておこう。
遺骨を取り出す必要があるのだが、これは業者がやってくれることが多い。
ただし、長く入っていた場合はかなり湿っていたり、汚れていることが多いため、キレイにしてから改葬すると良いだろう。

遺骨を取り出したり、それを納骨するときには法要をするのだが、これにはそれぞれ3万円から5万円程度のお布施がかかる。
墓を更地にする費用としては、1メートル四方で10万円から15万円程度必要だ。
改葬手続きの費用については、管理者から埋蔵証明や受け入れ証明をもらうときに数百円から数千円かかることがある。

基本的には更地にするための費用と離檀料が最も高い費用となってしまう。
費用の問題をクリアできるならば、改葬はそれほど難しいことではない。