喪中で知人の結婚式を欠席する連絡方法とは?

忌中の際の結婚式をお断りする方法について

急遽身内に吹こうがあった場合、知人の結婚式に参列をする事を、お断りしないといけない事がほとんどでしょう。
既に結婚式の招待状に参列の意を伝えてしまった場合、すぐさま連絡をして、結婚式に参加出来なくなった旨を伝えましょう。
式の日程が近いようであれば、電話など、即座に伝わるタイプの連絡手段を用いる事が大切です。

また、お祝いの場に影響が出ないように、式をキャンセルする理由も、あいまいにぼかしておきましょう。
例えば、家庭の事情で急遽式に出ることが出来なくなってしまった、など、有る程度ぼかして言えば、大体の場合察して貰えると思います。
ですが、察して貰えない場合は、親族に不幸があったのでと伝えざるを得ません。
誰が、等は伝えずとも問題ありませんので、参列できない旨を謝罪して、お祝いの気持ちをその分伝えるようにしてみましょう。

ご祝儀は基本的に渡します

ご祝儀は、参列するにしろしないにしろ、渡す事が一般的です。
式に参列する直前であれば全額、挙式の二週間前で有れば半額、一ヶ月以上前であれば一万円程度で問題無いでしょう。

基本的に直前のキャンセルは、キャンセル料金が発生することがほとんどですので、必ず全額包むように心がけて下さい。
また、結婚する相手との関係性によっては、逆に遠慮をされてしまう可能性がありますので、事前にキャンセル料の有無をさりげなく確認しておくと良いでしょう。

ご祝儀を渡すタイミングは、出来れば忌中明けのすぐ後が理想ですが、忌中明けで渡せ無さそうな場合は、現金書留で送るようにして下さい。
あまりにも伸びてしまうと、お返しなどの関係もあり、逆に迷惑を掛けてしまう可能性があるでしょう。
忌明け後に渡す際に、必要とあれば事情を説明して、結婚式不参加の旨を謝罪するように心がけて下さい。

喪中や忌中でも結婚式は参列をして良いのか?

喪中や忌中の際には基本的に、お祝い事の席に参列をしないようになっていますが、参列を絶対にしてはいけないという訳ではありません。
あくまで、悲しみの気持ちを持ち込むと言うことがNGですので、気持ちを切り替えて、きちんとお祝いをする事ができるのであれば、全く問題なのです。
落ち込んでいるのであれば参列は遠慮をした方がよい、と言う意味合いで、結婚式の参列を控えるような傾向があると言えるでしょう。

また、忌中の場合は喪中と違って、お祝い事を控えて参列をしない方が良いとされていますが、相手との関係性にもよります。
慶事と弔事が重なったら、弔事が基本優先となりますが、お子さんの慶事という場合など、本当に身近な方の式の場合は、参列をするべきでしょう。