喪中は結婚式を延期しなければならないの?

身内に不幸があった際には結婚式を延期するべき?

結婚式数ヶ月前になり、急遽親族が他界したという場合。
慶事よりも、弔事の方が優先をされるべきですので、親族一同は忌中期間、喪中期間と入ります。
忌中期間や喪中期間は、お祝い事を差し控えて、喪に服する期間とされていますので、結婚式などのお祝い事も、基本的には避けた方が良いとされているでしょう。

ですが、絶対に式を挙げてはいけないというわけではありません。
喪中明けを待つとなると、一年は結婚式を延期しないといけなくなりますので、色々な都合があるかと思います。
その為、近年では、忌中を過ぎたら、喪中期間でも結婚式を行なってもよいとされる傾向があるでしょう。

忌中期間は49日~50日ですので、最低それだけ明けていれば、予定通り挙式を行なうというご家庭も少なくありません。

家族や親族に相談をして決めましょう

結婚式を延期するべきか、それとも続行するべきかは、新郎新婦二人だけで決めるのでは無く、必ず御遺族や、親族などに相談して決めるようにしましょう。
一応忌中明けに遣っても問題無いと考えられているとはいえ、一言も無いまま予定通り進められてしまうと、常識が無いと感じる方も多いのです。
例え遺言で、結婚式は予定通りに執り行うようにと言われても、自分勝手に挙式をあげてしまうと、遺言は伝わりませんので、必ず親族には一声あって然るべきでしょう。

また、亡くなった方との関係性によっては、出来れば100日経過をしたタイミングで式を挙げる事が大切です。
余程の親族の場合は特に、49日だけでは気持ちの整理が付かず、式に暗い気持ちを持ち込んでしまう可能性がありますので、それこそ本末転倒になってしまうでしょう。

式場の都合も考えて決める事が大切です

あまりにも急なキャンセルの場合は、基本的に式場も、全額キャンセル料金がかかることがほとんどです。
ですが、49日以内に式を挙げるというのは常識的に考えて避けなければいけませんので、キャンセル料金を支払う覚悟で、一刻も早く式場に連絡を取りましょう。

式場によっては、そういった事情であれば式場のキャンセル料金を減額してもらえるという場合もありますが、基本的には支払いがあります。
参列者からのご祝儀も見込めない可能性が高いですので、そうした事態になった場合の事を考えて置いて下さい。

忌中明けである、49日を過ぎて居れば、式を挙げること自体は問題ありません。
その為、事前に家族や親族に連絡を取って、了承を得られるようであれば、続行することをおすすめします。
御遺族の意向を最優先に考える事が大切ですので何かと配慮をして式の準備を進めるように心がけてみて下さい。