忌中に神社で参拝しても平気なの?

忌中の際には神社へのお参りも差し控える

親族が亡くなられた際に、故人を偲ぶ期間として設けられているのが、忌中です。
故人を偲び、故人の冥福を祈る期間として知られていますが、この期間は、神社へのお参りを一切差し控えなければいけません。

神道では、死は穢れと考えられており、穢れをもつまま神社に来ることを避けて欲しいと考えられています。
故人を偲ぶ時期でもありますので、お参りをするというのも、あまり良くは無いでしょう。

神社へお参りをする際には、忌中を避け、忌中が過ぎるのを待ってから、参拝をして下さい。
やむを得ずに参拝をしないといけない場合は、事前に神社に相談をし、お祓いを受けてからの参拝となります。

初詣は控える事はもちろんですが、神棚のお札なども、忌引き後に受け取るようにして、とにかく神社に行くことを避けるようにして下さい。

忌中の期間は故人との関係性によっても異なる

忌中の期間は、故人と本人の関係性によって異なります。
故人との関係性が近ければ近いほど、忌中期間が長くなる傾向があるのです。
例えば、このような関係性の方は、このくらいが忌中期間とされているでしょう。

まず故人が両親や配偶者という場合は、50日の忌中期間となります。
最も長い忌中になりますので、しっかりと喪に服すようにしましょう。

更に、故人が祖父母の場合は30日、兄弟姉妹や子供の場合は20日、従兄弟などの親族の場合は1~3日とされていますので、別途、関係性に合わせて、これだけ忌中期間が変るでしょう。
忌中期間はあくまで目安ではありますが、出来るだけこの期間は祝事を避けて、喪に服す期間を設けるようにして下さい。

忌中期間は、一切の祝事を控えることが基本です

忌中は最長で50日ですので、その期間は、一切の祝事を避けるようにしましょう。
どうしても参拝をせざるを得ない場合は、自己判断をするのではなく、必ず神社に確認をして、相談をする事が大切です。

神社側に穢れを持ち込むことになるだけでは無く、故人へ負担を掛けるような事態に陥るかもしれません。
出来るだけ一切の祝事を避けて、忌中に集中するように心がけましょう。

ご親族が亡くなられると、遺族は当然、辛く悲しい気持ちに沈みます。
そんな気持ちのまま神様と接するのは出来るだけ控えた方が良いとされた結果、忌中期間の参拝は差し控えるようになった事がきっかけと言えるでしょう。
神様との関係を控える期間の事を、忌中と言いますので、祝事はもちろんですが、参拝も控えることが大切です。

祝事には、初詣やお祭り、七五三に至るまで、非常に様々な事柄がありますので、無意識のうちに参加をしてしまわないように、忌中期間の際には気をつけましょう。