喪中のお正月はどう過ごすの?

喪中は日頃と同じような、慎ましいお正月を心がける

喪中の際には、お祝い事を避け、慎ましく生活をし、故人の死を偲ぶことが大切です。
その為お正月を迎えても、お祝いムードになる事は一切避けなければならないでしょう。

挨拶も、あけましておめでとうとは言わずに、おはようございますなど、通常通りで構いません。
喪中の期間はお祝い事を避けることが通例ですので、お正月期間に限らず、とにかく喪に服すため、喪中期間である一年間は、お祝い事全般を避けるようにして下さい。

お正月に食べられる、おせち料理やお雑煮に関しても、出来るだけ避けた方が良いでしょう。
こちらはあくまで御遺族の判断にゆだねられますが、特に忌中の場合、忌中が明けるまでは、こうした食事を避けるようにすることも大切です。

喪中と忌中、喪に服している期間の場合は、出来るだけお正月ムードをだすことなく、慎ましく生活をしていきましょう。
また、鏡餅や玉飾りなども、忌中はもちろん、喪中も避けた方がよいと言われています。

出来るだけ喪中の際には、目立つような事をしないように心がけてみて下さい。

年賀はがきは出さずに喪中はがきを事前にだしておく

喪中の際には、年賀状、年賀はがきもだしません。
事前に喪中の旨を伝えるはがきをだしておき、今年度の挨拶をそのタイミングで済ませておくべきでしょう。

万が一、年賀はがきが届いてしまった場合は。喪中である旨を伝える、寒中見舞いなどの形で、喪中期間である事を伝えて下さい。
はがきが難しい場合は、お電話でその旨をお伝えして、新年のご挨拶のみを行なうようにすると良いでしょう。

このように、基本的にお正月に行なわれていることは、お祝い事がほとんどですので、大体のことをやることが出来ません。
とはいえ、年賀状などの挨拶を無視してしまうのは対応が悪いため、喪中なら喪中なりで、連絡をするようにしましょう。

初詣も行なわないようにしましょう

喪中の際には当然、初詣も避けることが大切です。
神社の場合は特に、喪中期間、忌中期間は、参拝そのものを避けるように事前に警告がなされていますので、従うようにして下さい。
神道では特に、死は穢れとされていますので、持ち込んでしまわないように、参拝をお断りするケースが多いと言えるでしょう。

お正月の楽しみが一通り無くなりますが、その分、故人の死をしっかりと偲ぶことが出来る時間を作ることが出来ます。
故人との関係性にもよって、偲び方はそれぞれであると言えるでしょう。

お正月の過ごし方は、普段と変らない生活、日常生活を心がけるようにすれば問題ありません。
とにかく喪中期間が過ぎるまでは、色々な祝事に注意をして、日々を過ごして下さい。