お墓参りっていつ行くべき?

決まりは特にない

お墓参り日本には昔からの風習としてお墓参りをする習慣があるのだが、これは今でも続いている。
ただし、最近はかなり昔からの風習が廃れてきており、お墓参りをそもそもしたことのない日本人も少なくない。
お墓参りについては、特にいつ行くべきかという決まりがあるわけではないのだが、命日やお盆など特別な意味のある日もあるため、そのときにお墓参りをすると良いだろう。

仏教では春と秋にお彼岸があり、その頃には彼岸会という法要をしてお墓参りをするという習慣もある。
お墓参りは法要の時期に合わせて行うこともあるのだが、それ以外にも機会があれば行っておくと良いだろう。
先祖を敬う気持ちというのは大切なものであり、それをお墓参りのときに確認することができる。

もしお墓参りの際に卒塔婆もする場合にはあらかじめ卒塔婆の料金をチェックしておくと良いだろう。
卒塔婆とは木製の板状のものであり、これはお墓の後ろや周囲にたててある。
卒塔婆は誰でもつけることができるのだが、浄土真宗では使わないため気をつけよう。

お墓参りのポイント

まずは命日にお墓参りをするのが一般的なタイミングとなっている。
一周忌以降の命日については祥月命日と呼び、毎月の同日は月命日と呼ばれることは覚えておこう。
祥月命日には法事や法要が行われることが多く、その際にお墓参りをすることが多い。

お盆の時期には先祖が一年に一度帰ってくるとされているため、各地で儀式が残っている。
お盆の時期にお墓参りをすることは多く、その時期にはたくさんの人で混みあうこともあるため気をつけよう。
また、地方によってお盆の時期は異なっており、7月か8月であることが多い。

お彼岸には彼岸会という法要が行われたり、墓参りをすることがあるため、この時期も意識しておこう。
春分の日と秋分の日にそれぞれ前後3日を合わせた7日間がお彼岸とされており、この時期にお墓参りをする人は多い。
主にお墓参りをする時期は以上となっているが、他にも自分の人生の節目のときには行ってみてもいいだろう。

大学に合格したり、結婚をしたり、あるいは子供が生まれたときなどは、先祖に報告する良い機会となるのだ。
先祖に報告することによって、きっと亡くなった方は喜んであなたのことを祝福してくれるだろう。
先祖を大切にすることで今生きていることに感謝を行う気持ちにもなれるものだ。

お墓をきちんときれいにして先祖を大切にする気持ちは大切である。
遠方である場合頻繁に行くことは中々難しいが、時間を見つけて1年に一度は訪れるようにしよう。
また、お墓参りをするときにはきちんと作法を守るようにすることを大事にしよう。