お墓掃除と持っていくもの

手入れは重要

お墓掃除に持っていくものお墓参りといえば、ただ手を合わせてお祈りをすればいいと考えている人が多い。
だが、他にもするべきことはあり、きちんとお墓の掃除をしなければいけない。
お墓参りでは花と線香をお供えしていけばそれで十分というわけではないのだ。

お参りをするのは忙しいかもしれないが、お墓に行く機会というのは年に数回程度のため、そのときに掃除をしておくことは大事なのだ。
また、お墓参りの掃除の仕方については意外と間違えている人も多いため気をつけよう。
お墓参りにライターやマッチを持っていく人は多いだろうが、それだけではなくて掃除道具も一緒に持って行くべきだ。

大きな墓地の場合はそこに掃除道具が用意されていることもあるためそれを活用しよう。
たとえば、霊園の中には掃除道具が完備されており、それを貸し出しているところもあるのだ。
まず最初に掃除ですることはお墓の周りに生えている草をキレイに抜いておくことだ。
また、枯れ葉が落ちている場合にはそれらを拾い集めておくことも大切だろう。

お墓掃除の仕方

お墓掃除をする際の基本となるのは雑巾を使った水拭きだ。
雑巾でなくても柔らかい素材のタオルがあるならばそれを使えば問題ないだろう。
これによってお墓についている汚れを落としていくのだが、どうしても落ちないことがある。

そんなときには水を流して、よく絞った雑巾を用いて汚れをキレイに拭き取ることができるだろう。
墓石の文字の部分に砂埃がたまっていることがあるのだが、そのときには柔らかい歯ブラシを使うと良い。
霧吹きを使って水を吹き付けながら優しく歯ブラシでこすることによって、キレイに汚れは取れる。

注意点としては文字が白色で着色してある場合には色が剥がれてしまう可能性がある。
乱暴にこすってしまうと文字が消えてしまうこともあるため慎重に掃除をしよう。
最後の仕上げとして柔らかい乾いたタオルを用意して、それによって水気をきちんと拭き取っておこう。

お墓掃除でやってはいけないこととして、真上から水をかけるのはやめよう。
どうしても汚れが落ちないときに必要な部分にのみ水をかけるようにするべきだ。
また、洗剤を使ったり、あるいはタワシを用いてこすって汚れを落とそうとするのもいけない。

以上の点に注意しながらお墓掃除をすることによって、かなりキレイな状態にできるだろう。
お墓参りをするときには、ゴミを残していかないようにして、残されたゴミがあるなら集めておこう。