正しいお墓参りの作法を知ろう

先祖供養を行う

墓参り葬式を終えたあとはお墓参りを定期的にすることになるのだが、これにも作法がある。
お墓には遺骨が納められており、正しい作法で今は亡き人を供養することが大事なのだ。
お墓参りをすることで先祖供養をすることができて、自分という存在が今に至るまで存在していることのありがたみを実感できる。

かつてはお墓が身近なところにあったため、お墓参りは気軽にできるものだったが、現在ではかなりお墓が遠いところにあるケースも珍しくない。
そのため、車に乗って遠出しないと行けないため、年に数回程度しか行けないということは多いだろう。
お墓参りの時期としてはお彼岸やお盆、命日、正月、あるいは年忌法要のときなどだ。

しかし、お墓参りというのはこれら以外の日であっても構わないため、いつでも気が向いたら行ってみると良いだろう。
たとえば、人生の節目のときには、自分のことを報告することを兼ねてお墓参りをすると良い。
そうすることで自分の人生の喜びを祖先とともに分かり合うことができるのだ。

お墓参りの作法

基本的にお墓参りには特別な作法があるわけではなく、手を合わせることが大切だ。
服装については基本的にどのような格好でも構わないため、仕事帰りや遊び帰りに立ち寄ることもできる。
ただし、あまり派手な格好をしていくのは避けて、できるだけきちんと身支度するべきだろう。

持っていくものとしては生花や線香、ろうそく、お供えするための飲み物やお菓子、数珠などだ。
マッチかライターを持っていかないとろうそくに火をつけることができなくなってしまう。
ほうきやタワシといった掃除用具を準備しておき、さらには手桶やひしゃく、ゴミ袋なども用意しよう。

普通、手桶やひしゃくなどは備えてあることが多いのだが、共同墓地の場合は置いていないことがある。
寺院墓地でお墓参りをするならば、ご本尊へお参りを済ませて、住職に挨拶をしておこう。
彼岸の時期には彼岸会法要を行っていることがあるため、それにも参加しよう。

まずは水をくんでお墓に行き、合掌礼拝をしてからお墓をキレイに掃除していこう。
そのあとは水を入れてから花を飾り、お供え物を置いて、線香に火をつける。
墓石に酒をかける人がいるのだが、これはシミになってしまう可能性があるため、本来は避けるべきだ。

線香の火は口で吹き消すことは禁止されており、必ず手であおいで消すようにしよう。
お墓参りをしたあとは、必ずお供え物を持ち帰るようにしよう。
そうしないと、カラスや虫などによって食い散らかされてしまうことがあるからだ。
きちんと後片付けをしておいてキレイな状態にしてから帰るようにしよう。