忌日法要、年忌について

さまざまな意見がある

法事仏教には忌日法要というものがあるため、これがどういう意味なのか覚えておこう。
まず忌日というのはその人が亡くなってから7日ごとに訪れるものであり、このときに行う法要のことを忌日法要という。
忌日はきにちと読むのが正しい読み方であり、忌み日ともいわれることがある。

どうして7日ごとなのかというと、いろいろな説があるのだが、インドで7進法が採用されていたという説が有力だ。
仏教ではお釈迦様は7日ごとに場所を変えつつ瞑想をしており、これを参考にしているともされている。
お釈迦様は49日間で悟りの境地に達したのだが、忌日法要も49日の法要まで行う。

ただし、現在では初七日に告別式をやったあとは四十九日の法要を行うだけなのが一般的となっている。
最近は葬儀のあとに初七日と四十九日の法要を一度に済ませてしまうケースもある。
このようにだんだんと日本の葬儀は簡素化が進んでいるため、これにはさまざまな意見がある。

四十九日というのは、亡くなった人がこの世に別れを告げてあの世へと向かっていくまでにかかる日数なのだ。
四十九日が終わると忌明けとなり、そのあとは百ヶ日法要や一周忌法要、三周忌法要が続く。
そして、三回忌を終えたあとは年忌となって、そのあとも定期的に続けられることになる。

年忌とは

年忌とは年忌法要のことであり、故人のために定められた年に行う法要のことである。
追善供養のために行われるのが理由なのだが、浄土真宗においては仏法にふれる機縁の法要という意義となっている。
年忌法要はまず没日から99日後に百ヶ日を行い、翌年の命日には一周忌を行う。

一周忌までが喪中とされており、そのあとは没年の翌々年に三回忌を行う。
三回忌以降は基本的に数え年による数え方をするため、経過年数と一致しない点に注意しよう。
七回忌や十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌とどんどん続いていく。

三十三回忌まで親類を呼んで行うケースが多かったのだが、今ではあまりそのようなケースはない。
最近は三回忌まで親類を呼び、それ以降は招く人を減らしていくケースが多い。
七回忌以降については他の人の法要とまとめて行っても良いことになっている。

その場合にはあとに亡くなった人の命日に合わせて法要をすることになる。
基本的には三十三回忌か五十回忌で最後の法要とすることが多い。
ただし、最近は法要をそもそもしない人も増えており、形骸化している制度となっている。

無理に五十回忌をやる必要もなく、またその必要性も薄れているといえるだろう。
その家の考え方によるものであり、また宗派や宗旨によっても考え方は異なっている。